矯正歯科

当院の矯正は乳歯列からです。なるべく早めに「咬合誘導」をやっておくことで歯並び、噛み合わせを悪くしないようにします。また歯並びの悪い方の成人矯正もやっております。

子供の頃から矯正をすすめる理由

当院では矯正は乳歯列からと考えています。長く口の中の健康を保つためには乳歯から永久歯に生えかわる時期がとても大事です。
その時期に「咬合誘導」をやっておくことで歯並び、噛み合わせを悪くしないようにします。

よくある症状

  • 受け口
  • 出っ歯
  • 歯が並びきらない
  • 歯が重なりあっている
  • 永久歯が生えず埋まったままである
  • 歯が噛み合わない

当院の矯正治療・矯正装置

当院では3D装置を使い咬合誘導をしていきます。3D装置というのは6才~13才までくらいの歯が生えかわる時期におこないます。
口の中に入ったワイヤーで矯正していくので外からは見えない状態です。とても簡単で効果があるのがメリットです。

また、バイオブロックという矯正治療もおこなっています。お子さんの顎の成長の方向を修正し、不正咬合をなくしていく矯正です。歯の成長に遅れがある、歯が並びきらなく顎の骨が全体的に小さい場合などにおこないます。お子さんの口腔状況によりますが理想は6才から始めて10才くらいまでに終了させることです。お子さんが小さいうちに歯並びの悪さを発見出来ることが大事になってきます。

スプリングテックという矯正もおこなっています。歯に被せ物や、両隣の歯を土台にして人口の歯を支えるブリッジを作る時に歯が傾いていて長軸方向に力が加わらないので起こしたい場合があります。その際の仮歯の中にスプリングを入れて起こしていく簡単な矯正です。正常な歯列にすることで歯磨きで歯ブラシがきちんとあたり汚れを取り出すことが出来ます。

またエクストリュージョンをいう矯正方法は歯を引っ張り出す方法です。虫歯や歯周炎などがひどくなってしまった場合に使う矯正治療です。ほかの健康な歯と同じくらいのレベルまでに引き出すことで歯ブラシも届きやすく歯周ポケットも浅くなるので残していくような治療が可能になります。

歯並びが悪くなる原因

姿勢などのクセが原因で歯並びが悪くなってしまうことがあります。例えば口をポカーンと開けてしまうこと、これも歯科では悪い「姿勢」とされています。
噛み合わせを狂わせてしまうので指導をしていきますが、それでもダメな場合には呼吸に問題があるケースもあるので耳鼻科に紹介をします。
また、歯は横の力に弱いので横ずれをすると動揺します。歯の1本1本の長軸方向に対して垂直に力が加わるよう矯正をしていくことで動揺せず歯を長く保つことが可能です。
そのためにどんな噛み合わせ、歯並びにしていくか設計していきます。

成人矯正について

当院では大人になってからの矯正もご相談にのります。
歯並びの悪い方というのは歯に汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病になるリスクがあります。また60キロを超えるともいわれる「噛む時に加わる力」が歯にまっすぐかかっていなければご自分の歯を長く健康に保つのが難しくなってきます。
当院では健康な歯を守るための成人対象の矯正治療、「抜かない矯正」を目指しています。
矯正装置につきましてはその方に合ったものを提案させて頂きますのでご相談ください。

咬合治療・噛み合わせ

噛み合わせを診る時に大事なのは3つです。

  • 噛む位置というのは1点でなければいけない
  • 前後、左右に動かす時に前歯は噛める状態、臼歯は離れている状態
  • なるべく軽い力で強く噛めるような状態(咀嚼効率を上げる)

この3点が揃っているかを診断します。顎関節症の治療なども基本的にはこの3点の条件が揃っていけば治っていくことが多いのです。例えば歯の動き方を熟知したうえで動く方向に溝をつけていく場合もあります。
どういうふうに動かした時に歯がどんなふうにあたるかそれに対してどう削っていくか全てルールがあります。それを診ながら咬合調整していくことが大切です。

side_inq_bn.png